Skip to content Skip to main navigation Skip to footer

国際バカロレアと学校図書館

CURATION SITE FOR “INQUIRY” フォーラム フォーラム(掲示板) 国際バカロレアと学校図書館

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にAya1040により2年、 8ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #9337
    Aya1040
    参加者

    「国際バカロレアと学校図書館」研究会の主催により、
    「国際バカロレアと学校図書館」公開シンポジウムがオンラインで開催します。
    参加費は無料です。皆様のご参加をお待ちしております。

    主催:「国際バカロレアと学校図書館」研究会(科学研究費補助金19K12721)
    後援:文部科学省IB教育推進コンソーシアム事務局
    日時:2021年11月23日(火・祝日)午後2時〜午後5時
    開催方法:Zoomによるオンライン会議方式、事前申し込み制、参加無料

    [開催趣旨]
    アンソニー・ティルク著『国際バカロレア教育と学校図書館——探究学習を支援する』(根本彰監訳、中田彩・松田ユリ子訳、学文社刊)の刊行を機に、国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)のカリキュラムの中心にある探究学習を進めるのにあたり、学校図書館がどのような位置づけをもつのかについて、広く関係者の意見交換の場にする。

    [プログラム]
    総合司会 松田ユリ子(神奈川県立新羽高等学校司書)

    主催者挨拶 根本彰(東京大学名誉教授)

    ビデオメッセージ(日本語字幕付き)
    アンソニー・ティルク(オランダ・ハーグ、アメリカンスクール図書館長)

    <発言>
    ダッタ・シャミ(岡山理科大学教授・日本国際バカロレア教育学会副会長)
    「探究を基盤とした教授学習と学校図書館」

    梶木尚美(前大阪教育大学附属高等学校池田校舎教諭)
    「DP歴史の授業と学校図書館ー教科担当教員の立場よりー」

    高松美紀(東京都立狛江高等学校指導教諭)
    「国際バカロレアが示唆する日本の学校図書館の課題と可能性―21世紀型の学びのキーとなる図書館/ライブラリアン―」

    <休憩>
    小澤大心(文部科学省IB教育推進コンソーシアム事務局長)

    「文部科学省としてのIB教育推進の取り組み」

    <パネルディスカッション>
    司会 中田彩(大阪市立水都国際中学校・高校司書教諭)
    ・ダッタ・シャミ(兼英語通訳)
    ・梶木尚美
    ・高松美紀
    ・小澤大心
    ・アンソニー・ティルク

    [参加方法]
    参加希望者は、次のサイトで申し込みとアンケートへの回答をお願いします。
    https://forms.gle/BDxwASgMWvctcPFH8

    【問い合わせ先】
    ibdp.sl.inquiry@gmail.com

    • このトピックは管理人が1年、 7ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは管理人が1年、 7ヶ月前に変更しました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。